希望の無意識グラフィティ

作品に参加!

安田講堂の前に浮かぶ巨大な壁のグラフィティに
あなたの声を反映させませんか

下の紫色のボタンを押すだけ、所要時間は約30秒です。

皆様には、お手持ちのデバイスのマイクを用いて、いくつかの言葉を吹き込んでいただきます。
皆様から集めた言葉の中から、機械学習を用いた分析によって希望と結びつく言葉が選ばれ、壁に上書きされていきます(更新は1日ごとを予定)。

注意:ブラウザはGoogleChrome推奨です。それ以外のブラウザで開くと、正常に作動しない可能性があります。
注意:発した音声・言葉を作品の一部に使用することがあります。
注意:できるだけ雑音が入らないように録音してください。




作品紹介

「希望」と結びつく言葉の抽出

  1. 希望という単語を計算機に入力
  2. 他に頭文字を指定された5つの単語を入力
  3. それぞれの単語の音響的特徴(音のエネルギー、メル周波数ケプストラム係数、基本周波数など)を算出
  4. 3の特徴を用いた機械学習により単語が発された際の話者の感情を推定
  5. 希望と最も近い感情で発された単語を、希望と結びつく言葉とする

「無意識下」での言語的関係性の調査

  1. 言葉の頭文字をランダムに指定・時間制限の設定により、意図的な言葉の選択を難しくする
  2. 初めに「希望」と言うことで、後に続く言葉に、「希望」と関係した言葉を発しやすくなる(これは認知科学の分野で「プライミング効果」という名で知られている)
  3. プライミング効果は無意識下で起こるので、分析にかける5つの単語は、どれもあらかじめ希望と多少は無意識下で結びついている可能性のある単語となっている

アーカイブ

7/7(主に制作メンバーから集めた言葉)

7/8(他の制作チームのメンバーから集めた言葉)

7/9(制作展1日目)

7/10(制作展2日目)

展示空間に戻る